開咬・過蓋咬合の矯正

原因について

開咬の原因について

開咬の原因は、遺伝的な原因と口呼吸・舌の癖(くせ)・舌の大きいだと考えられております。人間は、鼻呼吸を行うのが通常です。口がふさがっていると、舌が上顎(あご)について、舌に沿って顎が成長していきます。舌の癖が原因の方は、矯正治療と同時に舌のトレーニングが必要です。

過蓋咬合の原因について

過蓋咬合の原因は、遺伝的な原因と寝る時の姿勢(寝方:うつ伏せに寝ることが多い人)によるものが多いです。
他にも、永久歯が生えてくるのが遅いことが原因で上の歯が下の歯を覆ってしまうようにはえてしまいます。過蓋咬合になると比較的下の歯が小さくなってしまいます。
大人になってから過蓋咬合を治療すると、下の歯は小さいままになってしまいます。過蓋咬合も子供の頃に治療を行うのがお勧めです。

開咬の症例

開咬の症例(治療前)
開咬の症例(治療前)
開咬の症例(治療前)
開咬の症例(治療後)・・・クリアにて治療
開咬の症例(治療後)
開咬の症例(治療後)

過蓋咬合の症例

過蓋咬合の症例(治療前)
叢生の症例(治療前)
叢生の症例(治療前)
過蓋咬合の症例(治療後)・・・バイオネーターとT4Aにて治療
叢生の症例(治療後)
叢生の症例(治療後)

治療するタイミングについて

開咬

最も治療を行いやすいのは、子供の頃で7歳~9歳の間です。歯がある程度はえてきて降りますが、顎の成長を利用して、歯並びを改善することができます。抜歯の必要もありません。
装置も夜間に付けるだけで昼間に装着する必要はありません。

大人になってから、矯正治療を行うと、顎に歯を並べるスペースがなければ、抜歯の必要性がでてきます。また、開咬の方は口呼吸になっていることが多いのでなるべく早く治療を行わないと口の中が乾燥しやすく歯周病の原因や風邪を引きやすくなります。当院では、大人になってからでも、できるだけ歯を抜かずに矯正治療ができないか患者様の症状を確認させていただきご提案させていただいております。

過蓋咬合

子供の頃に(7歳頃)に過蓋咬合(上の歯が下の歯を覆い隠すようなはえ方)をしている場合は、矯正の専門医を受診することをお勧めします。子供の頃に治療を行うと、抜歯症例にならず、夜間に装着する装置で治療が可能です。毎日10分~15分装置を付けて咬んでいただければ顎の成長も促して、過蓋咬合は改善します。
大人になってから過蓋咬合の治療を行うと、上の歯の抜歯が必要になります(場合によっては下の歯も抜歯することになります)。矯正治療は子供頃に行うのが、抜歯の必要性も無く、費用も安く済みます。親御さんは、お子さんの歯をよく見てあげてください。
成人矯正で過蓋咬合の矯正を行う場合でも、奥歯のスペースやブリッジなどの治療を行った事があれば抜歯の必要がない場合もございます。矯正治療をお考えの方は当院にご相談ください。患者様のご希望に沿ったご提案をできるように最善を尽くします。

放置しておくとどうなる?

開咬を放置しておくとどうなる?

開咬を放置しておくと、奥歯が抜けてしまう原因になります。下の歯と上の歯がかみ合わないためです。また、食べ物を咬み切ることができないので、食べ物の消化が悪く胃腸障害を引き起こす原因にもなります。

過蓋咬合を放置しておくとどうなる?

過蓋咬合を放置しておくと、いびき、無呼吸症候群、上の前歯が抜けてしまうの原因になります。また、食べ物を前歯で咬みきれず、消化器管に負荷がかかります。年を重ねるごとに、消火器管(胃や腸)の障害を起こす可能性が高まってきます。歯は

治療の注意点・ポイント

開咬

  • 口呼吸・舌の癖・舌の大きさが原因で開咬になっていないか
  • 口呼吸では、歯周病の原因になります
  • 子供の頃に治療を行うことで、夜間につける装置だけで治療が行えます
  • 大人になってからは抜歯症例になるケースが多いです。

過蓋咬合

  • 過蓋咬合は子供の頃に改善するのが一番治療を行いやすいです。
  • 過蓋咬合は抜歯が必要になる場合がほとんどです。
  • 症例によっては、舌を咬みやすくなってしまうこともあります。
初診カウンセリング無料相談初診カウンセリング無料相談
Tel.0120-411-402 初診予約(無料)
Tel.0120-411-402 初診予約(無料)