子供の歯科矯正治療を始めるタイミング

お子様の歯の並びや、口元の印象に、何かご不安はないでしょうか?
もしかすると、ご両親のうち、いずれかがいわゆる出っ歯や受け口、八重歯があるといった、ご自身が何らかのコンプレックスがあり、お子様に遺伝するのではとお考えのご不安の方もいらっしゃるかと思います。
生涯にわたって美しく、機能的な歯並びとするためには、お子様の歯科矯正治療は、いつから開始するのがよいのでしょうか。

子供の歯科矯正治療の適齢期

お父様や、お母様がお子様の口元の印象や、歯並びについて不安を感じるのは、やはり小学校入学前後の前歯の生え変わりの時期が多いようです。
それ以前にもあまり目立ってはいないが、幼稚園や保育園の歯科検診において、【要観察】、【要治療】といった書類をもらってきた時かもしれません。

では、一体いつから子供の歯科矯正をするのが効果的なのでしょうか。
歯並びに対して、影響している要素は、お子様それぞれによって異なっています。

例えば、指しゃぶりや、口呼吸といった習慣によるものや、乳歯から永久歯への交換によるスペース不足によるもの、顎の成長による影響や、不適切な噛み合わせなどが原因として挙げられます。
それぞれの原因によって、治療の方法も異なり、適切な開始時期も異なってきますので、お子様のお口の状態に気になることがある際には、ぜひ歯科矯正治療の専門医を受診しましょう。

ugly duckling stageとは?

歯科用語で、「ugly duckling stage」という、歯の生え変わり時期のお子様のお口の状態を示す用語があります。
まさにアンデルセン童話にある「みにくいアヒルの子」の時代です。

永久歯に前歯が生え変わる時期に、一時的にですが、前歯の間にすき間が生じる時期をこのように呼んでいます。
犬歯(糸切り歯)が生えるころには、たいていの場合、すき間はきれいにふさがっていくのですが、ずっとこのままだったらどうしようとご不安を感じるお父様やお母様もご相談にいらっしゃいます。
特に、永久歯の前歯が出てきたばかりの頃には、まだお口や顎自体が小さく、「こんなに大きい歯で大丈夫?」、「うちの子は歯が大きすぎる?」といった疑問を感じることもあるかと思います。
ご不安や、疑問は、早め早めに歯科医師に相談し、より美しく機能的な歯並びを導いてあげてください。

子供の歯科矯正治療の2つのフェーズ

子供の歯科矯正治療では、大きくわけて2つのフェーズがあります。
それぞれ、第一期治療、第二期治療と呼ばれます。

第一期治療とは、ちょうど生え変わりの時期で、年齢でいうと小学校低学年から中学年くらいの時期に該当します。
お口の状況としては、前歯が乳歯から永久歯に生え変わり、6歳臼歯と呼ばれる第一大臼歯が生えている時期です。
この時期に、治療を開始し、すべての歯が永久歯に生え変わった時期で、続いて開始するのが第二期治療です。
第二期治療では、主に、一般的な歯科矯正治療としてイメージのしやすいブラケットという金具を歯1本1本につけて、並び方を治していく治療方法です。

「第一期治療」と「第二期治療」

小児矯正では、前歯と六歳臼歯(第一大臼歯)のみが永久歯になっている時期(混合歯列期:、8~10歳ころ)に始める矯正治療を「第一期治療」といいます。

また、「第一期治療」のあと、全ての歯が永久歯に生えかわった時期(永久歯列期)から、「第二期治療」として、ブラケットという装置を歯の1本1本に着けて治療をする場合があります。
早めに治療を始める必要がある場合は、「第一期治療」から矯正治療始めて、永久歯交換後に引き続き「第二期治療」を行うというのが一般的です。
先にも述べましたが、治療の方法は、お子様それぞれのお口の状況によって異なります。
そのため、場合によっては、すべての歯が生え変わるまで治療が必要ではないこともあります。
治療方法の選択のためにも、早めに矯正歯科を受診し、適切な治療方法をご相談ください。

まとめ

お子様の歯科矯正治療について、受けるべきかどうするか、お悩みのお父様やお母様も多いことと思います。
治療方法および、その開始時期は、お子様それぞれのお口の状況や成長、習慣によって異なります。
気になることがある際には、一度お気軽に、歯科矯正治療の専門医をご受診ください。
カウンセリングにより、即時の治療が不要であっても、継続的な観察を行うことで、適切な時期に治療を開始し、より効果的で効率の良い治療を行うことが可能となります。

 

初診予約 LINE

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です