大人でもできる歯並び矯正

歯列矯正は、小学生や中学生の患者様が多いと思われがちです。
もちろん、乳歯から永久歯への生え変わりの時期に、歯の並び方や、受け口や出っ歯など顎の関係に修正が必要なケースなど、子供時代に必要な歯列矯正治療があります。
では、もしも子供時代に歯列矯正を受けずに、大人になり、ご自身の口元の表情に自信がない場合は、どうしたらよいでしょうか。
もちろん、大人でも歯並び矯正は可能です。

大人の歯列矯正は可能?

歯並びは、確かに子供時代に治すことが効率的かもしれません。
それは、身体の成長の力を利用することができるからです。
早期に治療を開始することは、美しい機能的な歯並びを得るためには、とても有利であると言えます。

大人の歯列矯正も、子供の歯列矯正と同様に、より機能的で美しい歯並びを目指すことが可能です。
独立し、ご自身で収入を得るようになったから、人前で話すお仕事だから、結婚式があるからなど、様々な理由で歯列矯正を開始する大人が増えています。
大人だからと諦めず、ご自身の歯並びに不安がある場合には、一度ご相談してみてはいかがでしょうか。

子供の歯列矯正との相違点

子供の歯列矯正の場合、背が伸びる力と同様に成長の力を使って、顎の大きさや、上下の顎の位置関係を修正することができます。
骨の成長が盛んなため、歯に力を加えた場合、スムーズに移動しやすく、また顎の成長を期待できるので、歯を抜く必要も減らすことができます。

大人の場合には、顎の成長も完了しています。
そして、歯の生え変わりも完了しているため、ご自身の顎のサイズに合わせて、全ての歯が収まるように並んでいます。
場合によっては、顎の大きさが、全ての歯が生えるには小さすぎる場合には、八重歯や、乱ぐい歯になっているかもしれません。

また、大人の歯列矯正は、子供の歯列矯正よりも正直なところ加齢に伴い、徐々に歯の移動が難しくなっていきます。
これは、骨の代謝が子供に比べて弱まっているからです。大人の歯列矯正こそ、早期の開始が大切です。

大人の歯列矯正のメリット

歯列矯正で、自信のある魅力的な笑顔を手に入れることができるのはイメージが付きやすいことと思います。
では、歯列矯正のメリットは、“それだけ”でしょうか??

乱ぐい歯の場合は、歯磨きが難しく、また出っ歯の場合にはいつも口が開いた状態になっているため口腔乾燥が起こりやすいといった難点があります。
これらの原因により、歯周病や虫歯のリスクが上がってしまうのです。
大人になってからの歯列矯正では、歯周病や虫歯のリスクを下げるというメリットもあるのです。

お仕事にも響かない歯列矯正

大人になってから歯列矯正をする際に、多くの患者様が気になさるのは、矯正器具が目立つということです。
人前でお話をすることが多いから、接客業だからといった理由で、矯正装置に抵抗感を持たれることが多いようです。
歯列矯正中の見た目についても、ご質問がある場合には、ぜひ歯科医師にご相談ください。
目立ちにくい透明な装置や、歯の裏側に着ける装置など、ご提案できることがあると思います。

まとめ

歯列矯正は、子供の頃だけでなく、大人になってからでも受けることができます。
子供の歯列矯正に比べて、大人の場合には、身体の成長の力を利用することができないことや、また加齢により骨の代謝の力が落ちていくため、早め早めに歯列矯正を行う方が効果的であるのは事実です。
大人になってからでも、歯並びを美しく機能的にすることで、自信のある笑顔と、歯周病や虫歯に強い、より健康的な歯並びを得ることができます。
ご自身の口元の表情に自信がない場合や、気になる点がある場合には、ぜひ早めにご相談ください。

 

初診予約 LINE

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です