歯科矯正治療が必要な歯並びとは?

歯科矯正治療は、具体的にどのような歯並びや、程度であれば受けるべきなのでしょうか?
あまり目立たないから大丈夫と、ご本人が思っていても、実はお口の健康のためにも治すべき歯並びがあります。
もちろん、見た目の問題も大切です。ご自身の笑顔に自信を持つことができる、お子様であれば、コンプレックスを持つことなく明るく成長していけるといったメンタルの点でも、歯並びを治すことには大きなメリットがあります。
では、治療対象となる歯並びについて、簡単にご紹介しましょう。

前歯が目立つ出っ歯

出っ歯の状態は、イメージが付きやすいお口の状態ではないでしょうか。
字のごとく、上の前歯が出ているような特徴的な表情になっています。

一概に出っ歯といっても、前歯が唇側に傾いている歯にのみ問題がある場合と、歯の型向きには問題がないが、上あごと下あごの位置関係の問題で、下あごが後ろにあるため上の前歯が目立ってしまう場合の2パターンあります。
それぞれ、治療の方法も異なります。
出っ歯になる原因は、もちろん顎に対して歯のサイズが大きいといった遺伝的な傾向もありますが、指しゃぶりといった癖も原因の1つです。

下あごが目立つ受け口

上下の歯を噛み合わせた際に、本来ならば、上あごが下あごよりも前方に出ているのが正しい位置関係ですが、受け口の場合には、下あごにある歯が上あごの歯よりも前に突出している状態です。
受け口と同様の意味で、しゃくれとも言われますが、歯科用語では、「下顎前突症」と呼ばれます。

遺伝の影響もあり、お子様の症例の場合には、ご両親のいずれか、叔父、叔母、祖父母といった近親者に同様のお口の状態の方がよくいらっしゃいます。
また、幼少期の口呼吸やおしゃぶりの使用によっても引き起こされます。
特に、下の歯が前方に出ているため、前歯で食べ物をかみ切りにくいので、お食事の際に難点があります。
審美的にも、治療を望まれる患者様が多いように思われます。

がたがた or すきっぱ

がたがたの歯並びの場合には、顎のサイズに対して、歯の横幅が大きすぎるといった原因があります。
そのため、きれいに歯が並ぶことができず、部分的に前後に重なって生えていたり、若干向きが回転して生えている状態です。叢生と呼ばれる状態です。

反対に、歯と歯の間にすき間のあるすきっぱの場合には、永久歯の横幅が小さい場合や、永久歯に生え変わらず乳歯のままであるといった原因があげられます。
こちらは、空隙歯列と呼ばれます。
残念ながら、ガタガタの歯並びの場合には、歯ブラシによる清掃が難しく、虫歯や歯周病のリスクが高まります。
すきっぱの場合も、食べ物が挟まりやすいといった難点や、口元が幼く見えることや、歯と歯の間から舌が見えやすいといった見た目の問題があります。

深い噛み合わせや、噛まない前歯

深い噛み合わせというのは、パッと見た印象では、問題のないきれいな歯並びに見えるかもしれません。
実際は、上の前歯が下の前歯を覆う面積が大きく、深く噛みこんでいる状態です。
上の前歯によって、下あごの運動できる範囲が限られるため、顎に痛みが起きやすい状態です。歯科用語では、過蓋咬合と呼んでいます。

噛まない前歯というのは、開咬という上下の歯がかみ合わない状態が1例として挙げられます。
原因として指しゃぶりによって、前歯が上に押し上げられることや、口呼吸のお癖があり、扁桃腺が大きくなっていることなどがあげられます。
噛まないということは、いつもお口が開いている状態なので、乾燥しやすく、口臭の発生や、むし歯、歯周病のリスクが高まる傾向があります。

まとめ

歯科矯正が必要な歯並びには、出っ歯や受け口、叢生、空隙歯列、過蓋咬合、開咬といったそれぞれ異なる状態があります。
歯の傾きによる生え方の問題や、上下の顎の位置関係に問題があるケースなど、お口の状態によって、治療のアプローチの方法が異なります。

ご自身の歯並びで何か気になる点がございましたら、一度歯科矯正専門医にご相談ください。
それぞれのお口の状態を分析し、改善箇所や治療方法について、最適な方法をご提供いたします。

 

初診予約 LINE

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です