矯正治療スタート前のお口のケア

歯科矯正治療を開始するためには、まずはお口の健康状態の確認が必要です。
健康なお口の状態とは?
もちろん、虫歯がないこと、そして歯肉の状態が歯肉炎や、歯周病が進行した状態ではないことです。
“歯並びを直しに来たのに、どうして虫歯の治療ばかりするの?”、
“先生は、歯肉のことばかりいうけれど・・はやく歯をきれいに並べたい!”

歯科矯正治療を、開始したばかりの頃には、いろいろと、ご不満や、疑問が生じるかもしれません。
歯科矯正治療に大切なお口のケアについてご説明いたします。

虫歯があれば治しましょう。

矯正歯科を受診した際に、歯科医師は、まず初めにお口の状態を確認します。
奥歯に虫歯がある、歯と歯の間に小さな虫歯があるといったように、患者様ご本人にとっては、痛みや、食事の際にしみるといった自覚症状がない初期の虫歯を指摘されることもあると思います。
大した虫歯じゃないから、早く歯並びを治してほしい!というご希望も理解できるのですが、歯科矯正治療にとって、虫歯は大敵です。

なぜなら、歯に矯正器具をつけることによって、より歯磨きが上手にできない部分が増え、結果として虫歯になりやすい環境になってしまうのです。
歯科矯正治療を開始する前に、虫歯に関連する菌を少なくするためにも、現在ある虫歯を治してしまうことは大切なことです。
また、歯が虫歯により一部分かけた状態で歯を並び替えると、左右で歯の並び方に差が生じたりと、歯科矯正治療には、適切な歯の形態を整えるためにも虫歯治療が重要な要素となります。

歯の土台の歯肉は大切です。

虫歯と同様に、お口の健康状態を確認するため、歯肉の状態も確認します。
グラグラしている歯がないか、歯肉がブヨブヨした状態で、歯磨き時に出血したりしないかなど、健康で引き締まった歯肉であるか確認するためです。
歯肉が健康でなければ、歯周病が代表的なように、病状が進行していくと、歯が抜けてしまう、歯の位置が前に倒れてくるといった状態になってしまいます。

せっかくきれいに歯を並び替えても、歯周病のために、結果として歯が抜けてしまう、歯の位置が変わってしまったのでは歯科矯正治療を行っても、残念な結果になってしまいます。

かぶせ物の状態は大丈夫ですか?

以前、虫歯があり、大きく歯を削った場合など、歯にかぶせ物をしている方も多いかと思います。
かぶせ物は前後の歯にしっかりと接触するように作られています。

しかし、経年的な変化で、前後の歯に虫歯ができてしまい、歯と歯の間にすき間が開いていたり、歯周病が進行し、歯の根っこの部分が見えていて、かぶせ物の丈があっていなかったりと、専門的に見て何らかの不具合が生じている場合もあります。
そのような場合にも、歯科矯正治療の前後に、現在お口の中にあるかぶせ物を除去し、新たに作りかえることも、歯科矯正治療の前処置の1つです。

口臭は大丈夫ですか?

口臭の主な原因は、やはりお口の中のプラークに存在する細菌によるものです。
歯科矯正治療を行いたいとお考えの患者様の中には、歯並びの影響で磨き残しが起こりやすいお口の状態の方もいらっしゃるかと思います。
やはり、磨き残しが多くなると、汚れが蓄積し、細菌が発生しやすい環境となり、口臭に注意が必要です。

また、歯科矯正治療中には、歯に金属の治療のためにワイヤーをつけることで、通常の歯磨きよりもより、磨きにくくなってしまいます。
そのため、歯ブラシの他に歯間ブラシや、デンタルフロス、タフトブラシという小さな形状の歯ブラシを使用した念入りな歯磨きの方法を覚えていただく必要があります。
丁寧に、しっかりと磨き残しのない歯磨きの方法を習得していただくことで、口臭の予防にも役立ちます。

まとめ

歯科矯正治療を開始するため、歯科医院に来院すると、まずはお口の状態を確認し、虫歯の有無や歯肉の状態、かぶせ物が適切であるかなどの検査があります。
その上で、治療が必要な部分は、まず治療を行い、本格的な歯科矯正治療へと移行していきます。

どうして、すぐに歯科矯正を始めてくれないの?と不安に感じられる患者様もいらっしゃるかと思いますが、大切なステップですので、まずはお口の状態を健康にしてから、歯科矯正治療を適宜開始していきましょう。
少し遠回りな様で、より美しく、長持ちする歯科矯正治療の完成のためには、重要な治療です。
患者様それぞれの状況によって異なりますが、小さな虫歯治療のみであれば、1、2回治療の回数が増える程度ですので、ご安心ください。

 

初診予約 LINE

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です