インプラント矯正ができる人、できない人

歯科矯正治療の1つの選択肢であるインプラント矯正は、通常のブラケットのみ治療方法による歯の移動に比べて、治療期間が短期間で済むといったメリットがあります。
インプラント(アンカーや、ミニスクリューと呼ぶこともあります)を顎の骨に埋め込むことで、より効率的に力を加えることができるので、歯を短期間にしっかりと動かすことができるのです。

今回はインプラント治療が向いている人と、インプラント治療ができない人についてご説明していきます。

インプラント矯正がむいている人

いずれの矯正歯科においても初めのカウンセリング時や、検査時に現在の歯の並び方や、骨の状態、お口の癖など様々な検査を行った上で治療方針を決定していきます。
特に大人の歯科矯正治療の場合には、「きれいな歯並びを短時間手に入れたい」といったご希望を伺うことが多いです。

インプラント矯正の1番のメリットとしては、やはり治療期間の短期化があげられますので、大人の治療方法にはとても向いていると言えます。

インプラント矯正ができない人

では、インプラント矯正をお勧めできない人とはどのような方でしょうか。
歯科矯正治療においては、骨の状態や、歯の並び方、お口の癖など患者様それぞれで異なる要素をもとに最適な治療方法をご提案するため、このような人には絶対にできないといった強いことは言いにくいのですが、大まかにご説明いたします。

まず、インプラントを埋めるために局所麻酔を行いますので、お身体の状態で、局所麻酔を行うことができない場合には不可となります。
インプラントを埋める場所には、インプラントを十分に保持しておくための骨が必要となりますので、レントゲンやCTといった画像診断により骨の量が少なく埋め込むことができない方にも治療はお勧めできません。(稀なケースです)

また、歯肉の状態によってもインプラントがぐらついてしまったり、安定しないため、歯周病の状態が悪い方にもお勧めできません。
無理な埋入は、効果的な移動を妨げる要因になりかねません。

インプラントが抜けてしまったら、どうするの?

インプラント矯正を選択した場合でもやはりブラケットをつけている期間については、1年以上は必要です。
そのため、この長期にわたる治療期間中にじっくりと力をかけて歯を移動していくための力点となるインプラントが、ぬけてしまうことが、起こりえます。
その場合には、再度局所麻酔の上で、インプラントを埋め込みます。

また、治療の初期には、インプラントの向きの修正のため除去と再度埋入が必要になる事もあります。
適切な向きでなければ、効果的な歯の移動ができないため、再度埋入が必要となった際にはご理解いただけますと幸いです。

まとめ

インプラント矯正の最大のメリットは、治療期間を短縮化することができることです。
しかしながら、全ての方にお勧めできる治療方法ではありません。
インプラントを埋め込む場所の骨の量や、歯周病など歯肉の状態、局所麻酔の注射への恐怖心など様々な要因でインプラント矯正治療をお勧めできない方もいらっしゃいます。

インプラント矯正治療を選択した際の、メリットやデメリット、お口の中の違和感や埋め込む際や除去時の痛みなど様々なご不安があることと想像します。
インプラント矯正治療についてご興味がございましたら、どうぞお気軽にご質問ください。
安心して治療をご選択していただくことが、何より効果的で大切な治療方法の1つです。

 

初診予約 LINE

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です