インビザラインのメリット

歯列矯正治療において、近年、新しい治療方法としてマウスピースを使用した治療が増加しています。
従来の歯の表面に粒状の装置とワイヤーを着けて歯を動かす矯正治療では、歯科医院にて装置を装着した後は、患者様ご自身で装置の取り外しができません。
マウスピース矯正の主流であるインビザラインは、ご自身で装置の取り外しが可能であることが、患者様に選ばれる理由の1つに挙げられます。
では、近年増加しているインビザラインの治療方法についてそのメリットをご説明いたします。

治療中とはわかりにくいマウスピース

インビザラインのマウスピースは、透明で目立たない矯正装置です。
そのため、人目を気にせずに矯正治療をすることが可能です。

従来のワイヤーを装着する矯正装置の場合、食事をする際に装置の間に食べ物が挟まることを気にされる方が多いかと思います。インビザラインの場合、食事の時はマウスピースを外していただくので、友人とのランチや、お仕事の接待の食事会を楽しむことができます。
就職活動中の面接や、重要なプレゼンも装着したまま行うことができます。

専用の3D治療計画ソフトウェア

インビザラインの治療では、口腔内3Dスキャナーを用いて検査を行い、治療計画ソフトウェアを用いて、治療完了時の歯並びをシミュレーションすることができます。

時間経過とともに、どのように歯が動いていくかを3D画像で患者様も確認できることは、治療のモチベーション維持にとても有効であると考えます。
治療開始時に、治療完了時までのお口の状態をシミュレーションし、マウスピースが複数枚製作され、順次マウスピースを患者様ご自身で交換していきます。
より効果的に短時間で治療を完了するためにも、1日20時間以上の装着を必ず厳守するようにしましょう。

金属アレルギーでも歯科矯正治療が可能

これまで、歯列矯正治療を行いたいと思っても、金属アレルギーがあるため、あきらめていた患者様も、インビザラインなら治療をすることが可能です。
マウスピースには金属部分がふくまれないため、アレルギーによる発疹や発赤なども心配することなく装着することができます。

治療中の体への影響は?

従来のワイヤーを装着する歯列矯正の場合、治療を行った後数日間は、歯を噛み合わせるだけでも痛い、歯が痛くて柔らかい食事しかすることが出来ない、といった患者様からお悩みをうかがうことがあります。

インビザラインの場合、ワイヤー矯正ほど強く痛みを感じられる方は少ないです。また、資格試験がある際や、大切なミーティングがある場合は、短時間であれば装置を取り外すことも可能です。

日々の口腔内ケアは今までと変わらず行っていただくことが出来ます。インビザラインを外して歯磨きをするので、従来のワイヤー式の矯正装置のように、磨き残しによる歯肉炎などのリスクが軽減されます。

歯の表面に矯正装置が着くことを恥ずかしく感じるお子様もおられるかと思います。インビザラインですと人目を気にせずに矯正治療を行うことが出来ます。
また部活で激しいスポーツをしていても、ワイヤー矯正のようにで唇の裏を装置で傷つける心配もありません。
治療中の体への悪影響は全くありません。

まとめ

インビザラインによるマウスピースを使用した矯正治療は、近年、多くの方に認知され症例数が増加しています。
取り外し可能なマウスピースによる治療は、従来のワイヤー矯正では得られなかったメリットがあります。
その反面、インビザラインの治療は、抜歯が必要なデコボコでスペース不足な歯並びや、口元が突出している症例や、マウスピースの装着が難しい半分埋まったような生え方をした歯には適応できないといったデメリットもあります。

インビザラインによるマウスピース治療にご興味のある方は、インビザラインの治療に適しているかなど、お気軽にご相談ください。

 

初診予約 LINE

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です