オーダーメイド矯正装置「インシグニア」

インシグニアという歯科矯正装置をご存知でしょうか?
情報収集が得意な方は、すでにインターネット上でシステムの概要を読まれた方もいらっしゃるかもしれません。
インシグニアとは、歯科矯正の先進国アメリカで開発された新しい矯正装置です。
最新のデジタル技術を歯科矯正治療に応用しています。

インシグニアにできること

まず、インシグニアのシステムを使うと、歯科矯正終了時の理想的な歯並びをシミュレーションすることができます。
治療により、どのように歯が移動していくのか可視化できることは、患者様と歯科医師にとって情報の共有にとても有効なものです。

では、インシグニアには、これまでの歯科矯正装置と比べてどのような特徴があるでしょうか?
インシグニアの治療方法は、簡単に説明すると「オーダーメイドのワイヤー矯正治療」です。
“オーダーメイドのワイヤー矯正??これまでも、患者さんのお口の状態に合わせてワイヤーを調整したのでは?”とお考えかと思います。
これまで使用していたワイヤーやブラケットは、既製品であり、それぞれのお口の状態に合わせて徐々に調整を行う形式でした。
しかし、インシグニアの場合には、3Dデジタル画像とCADCAM技術により、ブラケットとワイヤーをカスタムメイドで製作することができます。

歯を削る量が少なくできる

ワイヤーやブラケットをカスタムメイドで製作することにより、実は歯を削る量を少なくできます。
患者様それぞれの歯は、歯の形一つをとっても、必ず左右対称というわけではありません。

歯の形態で既製品のブラケットが付けにくい、といった症例であっても、インシグニアの場合には、患者様の歯1本1本にあったブラケットを製作するため、歯を切削することなく、適切な位置に効果的に装着することができます。

デーモンシステムを使う

インシグニアによる歯科矯正をより効果的にしているのが、デーモンシステムです。
デーモンシステムは歯科矯正の先進国アメリカにおいて開発され、すでに世界で400万症例を超える実績があります。

通常、ワイヤー矯正治療では、歯につけたブラケットとワイヤーを結束するために、より細いワイヤーや小さなゴムが必要です。
しかし、デーモンシステムでは、細いワイヤーや小さなゴムを使用する必要がないため、摩擦や抵抗力が減少し、必要最小限の力で歯を移動させることが可能です。

結果として、歯にかかる力はより小さなものになるため、ワイヤー矯正治療特有の歯を締め付けられるような痛みや、噛み合わせた際の違和感などを、軽減することができます。
また、細いワイヤーや小さなゴムなど、ワイヤーとブラケットに付属するものがないため、歯磨きがしやすいこともメリットの1つです。

チェアタイムや治療期間の短縮

また、インシグニアによる治療方法の効果は、治療完了時の美しい歯並びの他に、患者様にとっては、来院回数や治療期間の短縮というメリットがあります。
通常のワイヤー矯正治療では、既成のワイヤーを患者様それぞれのお口の状態に合わせて曲げていくワイヤーベンディングという作業が必要でした。

インシグニアの場合には、先にお伝えしたように、オーダーメイドのワイヤーとブラケットを使用するため、チェアサイドでワイヤーを調整する時間が短縮され、より効果的な歯の移動が可能となっています。
アメリカにおける臨床研究では、治療期間が30%以上短縮されたという報告があります。

まとめ

当院は、デジタル技術による治療効率の向上と、より精巧な治療効果の向上の観点から、デーモンシステムを用いたインシグニアによる矯正治療を導入しています。
インシグニアによるワイヤー矯正は、歯科矯正治療における最先端の治療方法といっても過言ではありません。
まだ導入しているクリニックも限られていることから、関心をお持ちの方はお気軽にご相談ください。

 

初診予約 LINE

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です