矯正治療スタート前のお口のケア

歯科矯正治療を開始するためには、まずはお口の健康状態の確認が必要です。
健康なお口の状態とは?
もちろん、虫歯がないこと、そして歯肉の状態が歯肉炎や、歯周病が進行した状態ではないことです。
“歯並びを直しに来たのに、どうして虫歯の治療ばかりするの?”、
“先生は、歯肉のことばかりいうけれど・・はやく歯をきれいに並べたい!”

歯科矯正治療を、開始したばかりの頃には、いろいろと、ご不満や、疑問が生じるかもしれません。
歯科矯正治療に大切なお口のケアについてご説明いたします。

続きをよむ →

初診予約 LINE

人前でも安心の歯科矯正治療

歯の表面に着ける矯正装置は、お話しするときなど日常生活の中で、周りの人に矯正治療中であることがわかってしまいます。
そのため、アナウンサーや、営業職、接客業の方など、歯に矯正装置をつける事を、好まれない職種の方も沢山いらっしゃいます。

笑顔の接客が素敵なキャビンアテンダントの方も、歯科矯正治療を行っている方がいらっしゃいますが、よく選択されるのが舌側矯正という方法です。
どのような治療方法なのか簡単にご説明いたします。

続きをよむ →

初診予約 LINE

それぞれの歯並びに合わせた治療方法

歯科矯正治療は、治療を受けられる患者様の年齢やお口の状態によって、治療方法が異なります。
あごの成長が期待できる子供時代には、ご自分の成長する力を利用して顎や歯に力を加えていくことで歯並びを修正することもできます。

すでに成長の終了した大人の場合には、顎に対して、歯のサイズが大きい場合には、薄く研磨してサイズを小さくすることや、小臼歯など歯を抜くという選択肢もあるでしょう。
正直なお話、治療を行う先生の所属していた大学によっても、その流派が若干ですが異なる点も否めません。
治療方法に疑問がある場合には、ご遠慮なく質問をし、ご納得いただいたうえで治療を開始することが大切です。
では、出っ歯の治療方法について例を挙げてみましょう。

続きをよむ →

初診予約 LINE

歯科矯正治療が必要な歯並びとは?

歯科矯正治療は、具体的にどのような歯並びや、程度であれば受けるべきなのでしょうか?
あまり目立たないから大丈夫と、ご本人が思っていても、実はお口の健康のためにも治すべき歯並びがあります。
もちろん、見た目の問題も大切です。ご自身の笑顔に自信を持つことができる、お子様であれば、コンプレックスを持つことなく明るく成長していけるといったメンタルの点でも、歯並びを治すことには大きなメリットがあります。
では、治療対象となる歯並びについて、簡単にご紹介しましょう。

続きをよむ →

初診予約 LINE

大人でもできる歯並び矯正

歯列矯正は、小学生や中学生の患者様が多いと思われがちです。
もちろん、乳歯から永久歯への生え変わりの時期に、歯の並び方や、受け口や出っ歯など顎の関係に修正が必要なケースなど、子供時代に必要な歯列矯正治療があります。
では、もしも子供時代に歯列矯正を受けずに、大人になり、ご自身の口元の表情に自信がない場合は、どうしたらよいでしょうか。
もちろん、大人でも歯並び矯正は可能です。

続きをよむ →

初診予約 LINE

子供の歯科矯正治療を始めるタイミング

お子様の歯の並びや、口元の印象に、何かご不安はないでしょうか?
もしかすると、ご両親のうち、いずれかがいわゆる出っ歯や受け口、八重歯があるといった、ご自身が何らかのコンプレックスがあり、お子様に遺伝するのではとお考えのご不安の方もいらっしゃるかと思います。
生涯にわたって美しく、機能的な歯並びとするためには、お子様の歯科矯正治療は、いつから開始するのがよいのでしょうか。

続きをよむ →

初診予約 LINE

歯科矯正治療はなぜ必要?

歯科矯正治療といえば、“歯並びをきれいにすること”とイメージされる方が多いのではないでしょうか。
もちろん、歯科矯正治療の効果を実感するのは、きれいに美しく並んだ歯並びの笑顔からかもしれません。

では、歯科矯正治療によって得られるのは、見た目の美しさだけでしょうか?

歯科矯正治療の効果について、“健康”の視点から考えてみたいと思います。

続きをよむ →

初診予約 LINE